システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発会社の選び方とは?

システム開発と言いましても、該当のプロジェクトのスケールは多種多様になります。

そして実際に依頼をする会社ついては、大会社から中小零細企業まであります。

そういった中で開発会社の選び方のポイントを理解することは、開発を成功させるために非常に重要になります。

開発の実績について調査することは重要です

まず開発実績があまり多くない会社を選択することは原則として避けた方が良いでしょう。

非常に多くの開発会社は、過去に完成したシステムのケースをウェブで案内しています。

その中には開発者の苦労話なども記されていたり、さらにクラインアントのインタビュー記事も含まれており信頼性があるものとなります。

クライアントの希望に応じられたことをクライアントの声という形で紹介することで、会社の価値を高めます。

中小規模の会社では、クライアントの声自体を投稿することができず、クライアントの名称とシステムのシンプルな説明にとどまっているケースもありますが、そうは言っても実績になります。

開発のケースをウェブで打ち明けていない会社の場合は、現実にヒアリングすることをおすすめします。

想定している開発会社の今までの開発ケースに、今度リクエストする案件と似通っているものが含まれていることはよく見受けられます。

そういった場合に、開発会社が多種多様な案件に対して応じることができているのかどうかを認識することは、開発会社選びには大事になってきます。

 

複数の会社が関係する場合の留意点

中規模のシステムにおいても、現実にシステムを開発する会社が、一社ということではなく、下請けを入れていくつかの会社が関係しているケースが少なくありません。

ひとつの例として、元請けの開発会社が設計を実施して下請けの会社がプログラミングを務めるようなケースです。

下請けの会社のスタイルとしましては、派遣、あるいは請負があります。

なるべく、開発会社のみ、あるいは開発会社の系列会社までのグループを選出しましょう。

通常の場合、会社グループのケースでは、親会社及び子会社は非常に強い繋がりがあり、親会社が責任をもち開発管理を行うことになります。

外注をしている場合、元請けの開発会社と下請け会社間には、コミュニケーション、費用の増加、管理の目が届かないといった可能性が見受けられます。

下請けの会社を活用することで費用を減少させたり、とても高いテクニックのプログラマーを活用できたりする利点もありますがリスクを一層考えるべきです。

開発案件をお願いする場合には、どういった企業が関与するのか、チェックしてから選択しましょう。

 

保守を行うシステム及び会社の信頼性

システムを、ひとたび開発すれば10年利用することもあり得ます。

開発会社がどの程度の期間まで、どれくらいのレベルで保守を実施することが可能かをチェックしましょう。

通常の場合、システムの如何を問わず、会社のポリシーとして決定づけられているはずです。

それに加えて会社そのものの存続性、あるいは信頼性についてもチェックしましょう。

システムが動いているのに進行中に開発会社が破綻して保守がされることがなくなったりすると問題です。

また、上場している会社を選択する場合には、IRや四季報を使います。

非上場の中規模小規模の開発会社を選択する場合には、データバンクなどにチェックしてもらう手段もあります。

 

開発会社を選択するには、会社組織の事前調査からスタートし、開発者のスキルに関するチェックそれから、保守性、あるいは会社組織の安定性などといった項目を、いくつかの会社でチェックをし、結果的に一社を選択することになります。

労力は必要ですが、開発会社選考は成功を収めるためにとりわけ意識を向けたいキーポイントになります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム