システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発の注文書の書き方とは?

システム開発の注文書には、大まかには3点の内容を書く事になります。注文する側の会社情報と、注文先の名称です。

それと注文に関する整理情報と、注文金額です。

金額に対しては、内訳も書く事になります。ちなみにテンプレートもあります。

書類の左上と右側のエリアに記入する内容

システム開発の注文に関する書類には、大きく分けると3つのエリアがあります。

まず書類の左上のエリアです。

その書類は、大ざっぱには上半分と下半分の箇所があります。

下半分には、主に金額に関する情報を書くのが一般的です。

そして上半分は、左右2つのエリアに分割でき、右側と左側です。

つまり注文の書類には、右上エリアと左上エリアと下半分の3ヶ所があります。

左上には何を記入するかというと、相手の情報です。

注文する相手の会社名や屋号などを記入し、それに対する敬称も付けます。

会社宛てなら、もちろん御中と書く訳です。

ちなみに相手の会社名の舌には、二重線を引いておくのが一般的です。

それと右上のエリアですが、一番上の箇所に発行日などの情報を書いておきます。

その発行日のすぐ下に、必要に応じて注文番号なども書いておくのが一般的です。

なぜ発行日と番号を書くかというと、後日に書類を確認する可能性があるからです。

様々な事務手続きの都合上、後日に受注金額などを確認したい時は、書類もスムーズに取り出す必要があります。

すぐに取り出せるよう、通し番号を振っておくと便利です。

ただし注文書に対する番号記入は、必須ではありません。

あくまでも必要な時のみ記入しておけば、特に問題ありません。

その日付の下のエリアには、書類を提出する側の会社名などを記入します。

会社名だけでなく、電話番号やメールアドレスも記入しておく方が、相手にとっては親切です。

ですから必要に応じて、FAX番号などを記入する事もあります。

書類の下半分に金額の詳細や備考を記入

そして書類の下半分には、金額の詳細情報を記入するのが一般的です。

たいていは、書類の中央部分に金額の総額を記入しておきます。

分かりやすく大きな文字で記入し、下線もひいておくのが一般的です。

ちなみに税別でなく、税込みの金額で記入します。

そのすぐ下に、金額の詳細な項目を、表形式で記入する訳です。

よく見かける請求書のように、箇条書きスタイルで品名や数量や単価などを記入します。

もちろん、いずれの数字も間違いが無いよう記入する必要があります。

消費税の数字も、忘れずに書いておきます。

ちなみにその税金の数字は、切り捨てで記入する事が多いです。

ただし、見積書を発行している時には、見積書の表記に合わせておく必要があります。

そこは状況次第です。

そして上記のように様々な項目を盛り込んでも、書類の下側の部分には、余白ができる事も多いです。

そこは、通常は備考欄として使用します。

納品する場所や納期や支払いの方法など、必要に応じて詳細内容を記入しておく訳です。

そもそも上述の社名や金額の情報だけでは、相手に全てが伝わっていない可能性があります。

後日になってトラブルになるのを防ぎたい時は、備考欄には支払いの情報を盛り込んでおくのが一般的です。

開発の注文書類に関するテンプレート

ちなみに開発に関する注文の書類は、テンプレートもあります。

一部のWEBサイトでは、システムの開発や注文に関して解説されている事もありますが、サイトによっては注文の書類の作成例なども確認できます。

一部のサイトでは、テンプレートのダウンロードも可能です。

もしも今までにシステム開発の注文書を作成した事がなければ、上述のテンプレートを確認してみる手段もあります。

テンプレートを見てみれば、書き方の一例も確認できるからです。

あくまでもテンプレートは一例ですが、必要に応じて確認してみると良いでしょう。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
記事一覧