システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発会社の強みを比較してから依頼しよう

自社内で利用するコンピュータシステムを導入するとき、いくつかの選択肢があります。

もし外部の開発会社に委託をするのであれば、たくさんある開発会社の中から選ぶ必要があります。

その時にどんな基準で選ばないといけないかです。

 

長年の開発実績があるところを選ぶ

会社の中には老舗と言われるところがあります。

日本には世界で最も古い会社があるとされ、その会社であれば色々な実績があるのでしょう。

建築関係の会社のようですが、建築技術は日々進化しています。

長く運営を行っている会社であれば、昔からの技術も持っていれば新しい技術も持っているかもしれません。

システム開発会社に依頼をするときにはその会社の強みをチェックしておきたいです。

その時にはどれくらい長く運営を行っているかを見てみましょう。

そしてどれくらい多くの開発実績があるかです。

コンピュータの世界は非常に進歩が早く、古い技術ばかりにこだわっていると淘汰されてしまいます。

長年運営しながらも現在において一定の業務を行っているとすると、新しい技術もどんどん取り入れている会社と考えることができるでしょう。

同じ業務においても長く運営をしているのであればそれだけ多くのシステムを開発しているはずです。

依頼者側が希望するシステムが特殊であったとしても、実績があるところなら解決してくれるかもしれません。

 

新しい言語やOSなどへの対応力が高い

コンピュータを利用するとき、ハードウェアとソフトウェアが必要になります。

目に見える部分がハードウェアになり、ハードウェアの中でハードウェアを効率的に使って作業を行うのがソフトウェアになるでしょう。

ソフトウェアの中でもOSはハードウェアに近い部分になるかもしれません。

同じシステムでもOSが異なる環境だと別途作り直す必要があります。

今は非常に多くのOSがありますから、依頼側が希望するOSのプラットフォーム上でのシステムを作ってもらえるかどうかは重要なポイントになります。

システム開発会社を選ぶときにチェックしたい強みとして、新しい言語やOSへの対応力が高いかどうかがあります。

対応力が高い所であれば、最新の仕組みなどの開発を依頼できるかもしれません。

新しい言語やOSは、それまでのものから進化している可能性があり、より効率的なシステムを開発してもらえるかもしれません。

優秀な技術者が多いところでは、新しい技術をどんどん学ぶ環境が整っているのでしょう。

開発をするための技術も高いと言えます。

 

勘定系に強いかそれ以外の業務に強いか

今は色々なところでコンピュータが使われています。

しかし以前はコンピュータが使われる分野はかなり限られていました。

比較的早く導入されたのが金融機関と言われています。

日々の取引を処理して残高などを合せなくてはいけません。

全国にある営業所やATMの情報をすぐに反映させ、正しい情報が得られる仕組みを持っています。

コンピュータを利用するときのシステムにはいくつかの種類がありますが、特に銀行などで用いられるシステムは勘定系と言われています。

会計システムなどの勘定を正確に高速に計算するためのシステムです。

一方でそれ以外の業務もどんどん出て来ていて、最近であればAIの技術を取り入れたシステムなども出てきています。

システム開発会社を選ぶときにはそれぞれの会社の強みを知る必要がありますが、勘定系に強いのかそれ以外が強いのかがあるかもしれません。

会社の業務を正確に行おうとするなら、勘定系に強いところが良いかもしれません。

一方でAIなど新しい技術を取り入れたシステムを使いたいならそれらの開発ができるところを選びましょう。

 

長年開発業務を行っている会社は、開発に関するノウハウをたくさん持っています。

一方でどんどん新しい言語やOSに対応するところは、新しい技術に対応した技術者がたくさんいるのでしょう。

勘定系に強いか、AIなどの技術に強いかなどの区別もあります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社