システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発で重要な要点会議とは?

システム開発は社内で行うだけではなく、外部への受注を行うという方法も選択肢の一つです。

どこの業者に依頼しても大差はないと考えてしまいがちですが、以来先により必要となるトータル費用の違いサポート体制、そして満足できるシステムの開発をしてもらうことができるのかには大きな違いが生まれます。

システムの開発を成功させることができるかどうかは、業者選びにかかっているということは確かです。

システム開発していく工程の中で、最も上流に位置する工程にあるのが要件定義です。

システムに求めるものや、期待される役割、そして効果を明確にすることにより、実現するために必要な機能や性能等の条件を定義していくというものであり、システムの方向性を左右するのに非常に重要な最初の一歩と言える工程となっています。

システムの開発が成功するか失敗するかは、業者選びと同時に要件定義にかかっているといっても過言ではない、重要なポイントということは頭に置いておくべきです。

目的を明確にさせるために必須

設計や実装作業の前の段階の工程として行われるものであり、システムに求める要求をより具体的にしておくことが大切です。

目的や要求が具体的ではないと、望んでいるような満足のできる結果にはならないケースが多いので気をつけなくてはなりません。

業者を選ぶ際には、しっかりと話を聞いてくれ、ヒアリング力が高いかどうかにも注目するべきで、正しく理解し機能や性能など、技術的な要件にまとめてくれる業者を選ばなくてはなりません。

依頼者側と業者側が最初に行わなければならないことであり、この時点でしっかりとコミュニケーションをとることができているかどうかが重要です。

話を聞いてアドバイスしてくれたり、より良いものにするための提案も行ってくれる業者を選びましょう。

要件定義の内容や特徴について

当然のことではありますが、最終的な目標やシステムの開発を行うことで何を望むのかということを明確にする点が重要な内容の一つとなってきます。

それ以外にも事前の調査をしたり、開発を行うスケジュールに関しても明確にしておかなくてはなりません。

成功させることができるかどうかは、重要な第一歩ということを頭に置いておくようにしましょう。

要件定義は書類も作成しておくべき

業者と依頼者側が共有したヒアリングシートなどの内容を基にして、要件の定義書を作成することになります。

書類の中に依頼した要求が組み込まれているかどうかのチェックをするのは当然ですが、組み込まれているからといって必ずしも納得できる結果になるとは限りません。

何を求めており本当に必要な機能は何なのかをしっかりと考えてくれる業者を選ばなくてはなりません。

定義書はプロジェクトの基盤になる資料ということもあり、この定義を間違ってしまうとプロジェクトの方向性も変わってくることになります。

共有や修正を繰り返すことにより、定義書を完成させていく必要があり、そう簡単に作成できるものではないことは確かです。

 

システムの開発時に欠かせない工程となるものであり、要件定義を作成していなかったり、作成しても実行がおろそかになってしまっていると、後々トラブルが発生した際に解決が難しくなってしまったり、最悪の場合はプロジェクトが失敗に終わってしまうこともあります。

そうならずに効率的なプロジェクト進行を行うためには、しっかりとした要件の定義を行っておくことは必要不可欠と言えるのではないでしょうか。

数多くのシステム開発業者が存在しており、料金やサポート体制には必ず違いがあるので、本当に納得できる結果を得るためにも、要求を明確にして起き伝えると同時に、きちんと書類として提出してくれる業者を選ぶようにしておくことがポイントとなってくるのではないでしょうか。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
記事一覧