システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

知っておくべきアプリ開発の流れ

スマートフォンのアプリ開発を依頼する場合、どのような流れになるのか、あらかじめ理解しておくと依頼しやすくなるでしょう。

会社ごとに多少の違いはありますが、納得できる形で依頼を受けてくれるアプリ開発業者に依頼することで、満足度の高いアプリを開発できる可能性が高いです。

どこまで依頼をするのか決めること

アプリを開発会社に依頼する場合には、大きな流れを理解して、どの範囲まで依頼をするのかを明確にしておくことです。

一般的な流れとしては、相談・見積もり・依頼・企画・設計・デザイン・サーバー関連の構築までが前半となるでしょう。

その後、プログラミング・どのOSに対応させるのか・ストアに登録するまで行うかどうかで、料金が変わります。

さらに、その後のアフターケアや、トラブルが発生したときのバージョンアップまで任せるかどうかまで考えることも必要です。

一切を任せるなら開発にかかる期間は長くなり、費用は高額になりますが、低価格で抑えたい場合にはどこまで自社でできるかが重要となります。

社内でデザインを募るか、サーバーは自社で構築できるように手配をすることで費用を抑えられるでしょう。

また、ストア登録を自社で行えるのであれば実行することで、費用をさらに安く抑えることが可能となるため、社内で確認してください。

自社で行う範囲と依頼する範囲が明確になることによって、相談・見積もりする企業が狭まるため、決めやすくなるでしょう。

見積もり料金は会社ごとに異なるため、3社から5社程度に相談すると、納得できる費用で見積もってくれる会社を見つけやすいです。

見積もりで比較をしたら依頼する

見積書をもらったら、内容を比較し、決めることになりますが、このときに注意するポイントとしてはどの程度まで依頼する側の気持ちを汲んでくれるかです。

自社のニーズに合致する形で対応してくれる会社であれば、決めたほうがいいといわれていますが、あまり具体的ではない場合は少し様子を見てください。

もちろん業者ごとに強みがあるため、どんな部分を期待して依頼するかも、企業にとって決めるポイントとなるでしょう。

会社ごとに技術力や開発スピード、デザインやアイデアに優れている部分と、それぞれ異なりますので、前もって確認しておくと希望通りのアプリに仕上げやすくなります。

 

依頼する際は大手企業か中小企業かによって、ある程度料金が決まると考える人は少なくありませんが、必ずしもそうではありません。

フリーランスの個人に依頼するときも見積もりが正確で、契約を交わして納得できる仕事に仕上げてくれる相手であれば問題ないといわれています。

過去の実績やサービス内容、さらに強みとしている部分を確認し、見積書をもらって比較することが決め手となるでしょう。

依頼をしたら納得できるものを完成させることができるよう、打ち合わせを綿密に行ってから契約を交わしてください。

発注してからの流れを把握すること

発注したら、完成まである程度時間がかかることを理解しておくこと、満足度の高いものを作ってもらうことが重要となります。

満足度の高いものを作るための打ち合わせは定期的に行われることになりますが、企画時・設計前・プログラム前・デバック前・デバック後が一般的です。

細かな部分で修正を繰り返し、満足できるものに完成させることができるといわれていますが、企業によって打ち合わせの回数は異なるでしょう。

クオリティの高い会社であれば打ち合わせ回数が少ない可能性もあり、開発体制に納得できる会社を選ぶことが必要です。

 

また、アプリが完成してからストアに登録するのを自社で行う場合には、完成時に登録をすることが必要となるため、ストアの登録方法を確認してください。

アフターフォローや運営保守に関しては、開発側に依頼したほうが万が一のトラブルがあっても、迅速に対応してもらいやすいでしょう。

アフターケアや都度ごとのバージョンアップまで、トータルで依頼することで、アプリ開発を満足できるものにしてくれます。

なお、アプリをストアに登録するときには、必ずプロモーションについても自社で行うかどうかを明確にしておくと、宣伝効果への影響が大きく変わるでしょう。

 

満足できるアプリ開発を行うためには、何度も企画段階で打ち合わせを行うことが、完成させるために重要なポイントとなります。

企画・設計・デザイン・サーバー構築・プログラム・OS対応・ストア登録のどの部分まで依頼するかで納期や流れが変わるでしょう。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム