システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

スマホアプリ開発にかかる期間はどのくらい?

アプリ開発にかかる期間は多彩で、3ヶ月程度で開発が完了することもあれば、1日程度で完了するケースもあります。

かなり期間に差がある訳ですが、その主な理由はアプリの開発に関する状況が多彩であり、アプリの種類や開発元に左右されるからです。

アプリの種類によって開発期間は異なる

そもそもアプリと言っても色々な種類があり、販促目的のアプリもありますし、業務効率を良くするためのアプリが開発されていることもあります。

例えば従業員の勤怠を管理するのを効率化するアプリもありますし、経費の支払いの数字集計を楽にする目的のアプリもあります。

そうかと思えば多くのプレイヤーが楽しむゲームアプリが開発されていることもあれば、検索に特化しているアプリもあります。

 

そしてアプリは開発に関する難易度が異なっていて、開発のハードルがかなり高めなアプリもあれば、比較的簡単なアプリもあります。

開発が簡単なアプリであれば、完成するまでにそれほど時間がかからないことも多く、せいぜい数日程度で完了することもあります。

またオークションやSNSなどに関するアプリは、機能も若干複雑である上に、開発に関する工程の数も多くなる傾向があります。

1段階や2段階などの工程数で完了するようなアプリでなく、それこそ10段階や20段階ほどの工程数であれば、完了までの期間も長引きます。

法人にアプリの開発を任せた時は何日かかるか

ところでスマホ用のアプリは、大抵はIT関連の企業が開発していますが、作業完了までの日数はやや長くなる傾向があります。

企業にアプリを開発してもらう場合は、おおむね4ヶ月程度で完了する傾向はあるものの、それも開発するアプリに左右されます。

例えばショッピング目的のアプリをIT企業に開発してもらう場合は、作業の工程数もあまり多くありませんから、3ヶ月ぐらいで完了する傾向はあります。

ですがオークションのように複雑な機能が完備されているアプリですと、どうしても作業の工程数が多くなりますから、3ヶ月程度で終わらないことも多いです。

具体的には何ヶ月程度で完了するかというと、開発するアプリ次第ではありますが、半年以上は要する傾向があります。

かなり複雑なアプリを開発してもらう場合、どうしても作業量が多くなる都合上、半年どころか1年ぐらいかかるケースもあります。

ですからIT企業にアプリの開発してもらい、実際に完了するまでの日数は、それこそアプリに左右されることは間違いありません。

そしてアプリの開発はIT企業だけでなく、個人のフリーランスの方々に依頼することも可能ですが、個人は比較的早く完了することも多いです。

個人フリーランサーなら何日程度で完了するか

フリーランサーが開発しているアプリも多彩ですが、上述の法人と同じく、アプリによってハードルの高さは異なります。

個人に任せる時も、やや複雑な機能が完備されているアプリですと、完了するまでの日数は長くなる傾向があります。

個人の場合はかなり状況が多彩で、それこそ1日あればアプリが完成するケースもありますし、1ヶ月ぐらいかかるケースもあります。

また個人の場合は技量に左右される一面もあり、アプリの開発に慣れているフリーランサーに任せると、日数は比較的短いです。

個人のフリーランサーの技術レベルは大きく異なり、かなりアプリの開発に習熟している方もいれば、そうでない方もいる訳です。

何回かアプリを開発した経験があって、要領が分かっているフリーランサーに任せますと、かなり短期で完了する傾向があります。

慣れているフリーランスなら数日程度で完了することもありますが、あまり慣れていない個人の方に任せる場合、1ヶ月程度かかることもあります。

 

ですからアプリ開発が何日程度で完了するかは、個人と法人のどちらに任せるかにも左右されますし、開発するアプリにも左右される訳です。

簡単なアプリを個人のフリーランサーに任せれば終日程度で完了する傾向があり、法人に任せれば3ヶ月程度は要する傾向があります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム