システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発を依頼するのと自分で作るとの違いとは


パソコンやスマホはビジネスに欠かせないツールですが、それを使いこなすにはソフトが必要になります。
市販のソフトを使えないときには別途作る必要がありますが、開発会社に作ってもらうのと自社で作るときの相違を知る必要があります。

 

システムを開発するための専門家の有無

パソコンやスマホなどを操作するとき、まずはそれらの本体であるハードウェアが必要です。でもこれらだけで目的のことができるわけではなく、いろいろなことをするにはソフトウェアが必要です。アプリと言われることもあります。ソフトの開発には開発のための言語を用いなければならず、さらにいろいろな用途に合わせてプログラミングをしていかなければいけません。

システム開発会社に依頼するのと自分で作るとの違いとして、自社内に専門家を必要とするかしないかでしょう。外部に依頼すれば、素人でも使えるシステムを作ってもらえれば必ずしも専門家は必要ありません。
一般のソフトを使う感覚になります。自社内で作るのであれば、ハードとソフトの専門家が必要になります。

全く知識のない状態から開発業務を行うための知識を得るのは大変で、社内にいないのであれば別途経験者を雇用しないといけないときもあります。一般社員よりもコストがかかる可能性もあり、いろいろな負担がかかる可能性があります。一時的な負担でなく将来的に負担がかかり続ける可能性があります。

 

一から作るのか部品の組み合わせで作れるか

パソコンなどで動かすためのソフトは、趣味で作る人の中には一からすべて作る人もいるかもしれません。
しかし専門的な会社が大掛かりなシステムを開発するときは、一つのシステムを作るのに多くの人が関わりながら作ります。専門会社においては過去の開発においていろいろな開発に関するツールや部品などを持っているので、それをうまく使いながら効率的に開発を行っています。

会社においてシステムが必要になったときにシステム開発会社に依頼するのと自分で作るとの違いとして、一から作り始めるのか組み合わせやカスタマイズで作れるのかがあります。自社内で作るときは開発のためのツールや部品が無ければ一から作らないといけません。非常に時間がかかり、動作などもわかりにくい時があります。

開発会社はいろいろなツールや部品がすでにあり、既に依頼者の要望に近いシステムがあるかもしれません。部品を組み合わせたり既存ソフトのカスタマイズで作ることができれば、開発時間はそれほどかかりませんし、動作時の問題なども発生しにくくなります。

 

他社との連携が取れる開発ができるかどうか

会社を運営するとき、一社で単独で行うときもあれば、グループ会社の一員として行うとき、さらには他社と連携をして行うときなどがあります。同じ会社同士であれば、社内システムなどを同じにして情報交換をすればよいですが、会社組織が変わればそれぞれで異なる情報ツールを使ったりします。最近は会社組織が異なる者同士で情報のやり取りができるシステムを使うときもあります。

システム開発会社に依頼するのと自分で作るとの違いとして、トータルのシステムが作れるか、自社内のシステムしか作れないかがあります。自社で作るときは基本的には自社内のシステムしか作れません。他社と情報の連携をしたくても、システム内で行うのは難しいでしょう。開発会社に依頼をすると、複数社で連携するのを前提にしたシステムの構築を依頼できます。

仕入れ情報や受注情報のやり取りをするとき、自社開発だと情報のやり取りはメールなどでしか行えないですが、開発を依頼すれば相互で利用できる受発注システムなどを使えるので、リアルタイムに情報交換ができます。

 

自社内で作ろうとすれば、作るための技術者が必要になります。いないのであれば採用しなければならず、将来的にも雇用し続けないといけません。開発会社への依頼なら自社内に技術者は必要ありません。効率的な開発を行ってくれます。