システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

アプリ開発の依頼方法

最近では、スマートフォンの普及に伴って、自社のオリジナルのアプリを導入する企業が増加中です。

スマートフォンアプリの導入によって、ユーザーがホーム画面から簡単に自社のサービスにアクセスすることができるようになるメリットがあります。

ここでは、実際にシステム開発会社にアプリ開発を依頼する際の方法をご紹介します。

アプリ開発を依頼したい時にまずやるべきこと

初めてアプリ開発を検討する場合、そもそもどのような機能を持ったアプリにすれば良いのか、果たしてアプリを導入することでどの程度の効果が見込めるのか等、様々な疑問が沸くことでしょう。

このような悩みを抱えているのであれば、まず初めにすべきことは、どこでも良いのでシステム開発会社に問い合わせをすることです。

なぜなら、アプリ開発を受託しているシステム開発会社では、導入段階のコンサルティングからアプリの開発、そしてリリース後のメンテナンスまで一貫したサービスを提供していることが一般的だからです。

相手はその道のプロですから、こちらが専門的な知識を持ち合わせていなくても、アプリの設計段階から親身になって相談に乗ってもらえます。

悩んでいるのであれば、まずは相談することが大切です。

アプリ開発の依頼からリリースまでの流れ

システム開発会社にアプリ開発を依頼した後には、先方の開発担当者と打ち合わせを行って、アプリの構想を固めていきます。

この際、例え漠然としたイメージしか持ち合わせていなかったとしても、システム開発会社からアドバイスを得られるでしょう。

もちろん、アプリの機能やデザインについて要望があれば、それらを反映させた提案を受けることもできます。

システム開発会社との間で開発イメージが固まったら、開発に必要となる費用や期間についての提示があります。

双方が納得できる条件であれば、晴れて契約が成立し、開発がスタートします。

多くの場合、実際にアプリの制作に着手する前の段階で、ユーザーインターフェースや仕様書といったアプリの設計図とも呼べる資料の提示があります。

これらの内容を元にして、アプリの制作が進められることになるため、開発段階を通じて内容の擦り合わせを行います。

 

いよいよアプリの試作品が完成したら、リリース前の動作チェックを行います。

その際、自社でも実際にテストを行い、依頼した内容と齟齬がないか最終チェックを行い、問題がなければアプリの完成です。

その後、正式なリリースに向けて、アプリが対応しているデバイスに応じたスマートフォンアプリの配信サイトに登録を行います。

アプリの開発までの依頼であれば、ここで作業は終了となりますが、アプリのリリース後には引き続き運用を行うことが必要です。

自社だけでそれらの管理を行うことが難しければ、システム開発会社に継続的なフォローを依頼することもできます。

アプリ開発を依頼するシステム開発会社の選び方

アプリ開発を依頼する際の手順は、先述したような流れが一般的です。

しかしながら、今日ではシステム会社が無数に存在しており、どこに依頼すればよいのか判断に悩むこともあるでしょう。

そのような場合には、複数のシステム開発会社から見積もりを取るのが得策です。

多くの場合、契約に至るまでの相談や見積もりについては、無料で実施してもらえます。

見積もりを取る際には、単に費用面での比較だけでなく、担当者の提案力や人柄といった面にも注目しましょう。

なぜなら、アプリはリリースしたら終了ではなく、長く運用していくことが必要となるため、その上で担当者との相性は重要なポイントとなるためです。

 

自社オリジナルのスマートフォンアプリの開発を依頼する際には、まずはシステム開発会社に問い合わせをしてみることが第一歩です。

どのシステム開発会社に依頼するのか選ぶことが難しければ、複数の会社に見積もりを依頼してみましょう。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム