システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発会社に依頼をしても個人情報は安全?

システム開発会社に依頼をしても個人情報は安全?

専門業者へのシステム開発の依頼を検討しますと、個人情報が気になる事もあります。
情報漏えいがあり得るか、心配になってしまう事も多いです。
ただ個人情報を保護しないのは、開発会社にとってもリスクが大きいです。
殆どの開発会社は保護を心がけていますが、安全性が高いかどうかは、開発会社次第です。

 

開発業者にとっての情報漏えいのリスク

個人情報を取り扱う時には、少なくともそれを保護する事は、法的に義務付けられています。
義務である以上は、罰則もあります。
・例えば自社に対して、誰かから依頼が来たとします。
その際に、顧客のデータを知る事にはなります。
住所やメールアドレスなど、様々な情報を受け取る訳です。
この場合は、情報は保護する事が義務付けられています。
法律によって、個人情報の漏えい対策は必須になっている訳です。
・例えば上述の住所やアドレスなどが、何らかの理由で外に漏れてしまったとします。
漏えいした時点で、罰則が生じる訳です。
高額な罰金を支払う事にもなりますから、個人情報を預かる法人としては、データを保護する必要があります。
保護しないと、データを預かる側にとってのリスクも大きくなるからです。
それはシステム開発の業者も同様です。
業者に依頼をする以上は、確かに様々な個人データが伝わる事にはなります。
ですが万が一そのデータが漏れた時には、開発業者に対する罰則がある訳です。
法律で決められているからです。
したがって個人データを保護しなければ、システム開発の業者にとってのリスクが大きくなってしまいます。
ですから開発業者としては、情報が漏えいしないよう対策を施す訳です。

 

業者によって異なる個人データの管理方法

漏えいリスクを避ける為に、開発業者としては様々な対策を施しています。
例えば外部委託という方法です。
システム開発の業者は、他社と提携している事もよくあります。
情報セキュリティーのサービス内容が優れている会社と提携しているケースも多いです。
セキュリティーが優れている訳ですから、システム開発の業者が受け取った個人データも、厳重に保護される事にはなります。
強固なセキュリティーを採用している提携先なら、情報漏えいのリスクは極めて低いです。
もしくは、データ保管を分散しているシステム会社もあります。
個人データを1ヶ所だけで保管するのは、システム開発の会社に対するリスクが大きくなってしまいます。
しかし数ヶ所にしておけば、万が一のリスクも小さくなるので、分散されている事もあります。
どのようなシステムで個人データが管理されているかは、開発会社によって異なる訳です。
ただ安全性は、開発会社によって異なる一面があるのは、事実です。
厳重にデータを保管してくれる開発会社もあれば、その逆もあります。
ですから個人データが心配な時には、開発会社はよく選ぶ必要があります。

 

個人情報の保護に関する資格を取得済みかどうか確認

もしも個人データの漏えいが心配な時には、システム開発の会社の資格を確認してみると良いでしょう。
情報保護に関する資格があるかどうかを、見てみる訳です。
システム開発の会社が資格を取得する為には、様々な審査もあります。
一定の基準を満たしていない事には、資格は取得できない訳です。
ですから資格を取得済みの開発会社なら、個人データは安全性高く保護されると見込まれる訳です。
それで情報保護に関する資格は、全ての業者が取得している訳ではありません
開発業者によって、その状況も異なる訳です。
ですから各会社の資格の保有状況を比較してみて、安全だと見込まれる開発業者を選ぶと良いでしょう。

〇まとめ
情報が漏えいしてしまいますと、システム開発の業者にとってもリスクが大きいので、様々な方法で保護してくれる傾向はあります。
しかし万が一の事態が不安な時には、開発業者が資格を取得しているかどうかを確認してみるのが一番無難です。