システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発の工程を知ろう

パソコンで利用するソフトは、プログラムを組むことで作られます。依頼主が開発会社にどんなシステムを作ってほしいか伝えたとき、どんな流れで作られていくかを知っておくと良いかもしれません。依頼者が関わる部分もあるかもしれません。

 

 

 

要件に基づいて仕様の作成を行う

簡単な工作を行うとき、特に設計図などを描かなくても頭の中で部品を想像しながら作ったりするかもしれません。簡単なものなので、失敗しても簡単にやり直せます。しかし大きなものを作ろうとすると頭の中で部品を想像するのが難しくなります。一つ失敗するとそれ以降にも問題が出てくるときもあります。事前に作るための設計図などを作成しておく必要があるでしょう。

会社で利用するシステムをシステム開発会社に依頼するとき、最初の工程として仕様書の作成があります。ソフトの設計図のようなもので、事前に依頼主から要件を聞いてその要件を満たせるような設計を行っていきます。仕様書の作成はシステムエンジニアと呼ばれるシステム開発の経験者が担当します。多くのプログラミングを経験し、さらに依頼主から話を聞く能力、そして社内の技術者との意見の交換など技術者としてだけではなくコミュニケーション能力の高い人が担当します。大掛かりなシステムになると、仕様書もいくつかに分かれるので、何人かのシステムエンジニアが分担することもあります。

仕様に基づいてプログラミングや組み立てを行う

コンピュータなどを利用するとき、操作はキーボードや画面をタップしたりして行います。これらはハードウェアの部分ですが、そのキーを押すとどんな動きをするかなどを指示するのがソフトウェアの部分になります。システム開発会社に開発の依頼を行うと、工程として仕様書に基づいたプログラムの作成があります。

この作業を行うのはプログラマと呼ばれる人で、プログラムを学んでいる学生アルバイトから、それなりに経験を持っているベテランエンジニアまでいろいろな人が担当します。プログラミングは難しいように感じますが、慣れている技術者は仕様書から簡単にプログラムを作成していきます。

一つのシステムは一つのプログラムでできているわけではなく、たくさんのプログラムの部品を組み合わせて作られています。それらを多くのプログラマが分担をしながら作っていき、最終的にそのプログラムを組み合わせて完成となります。部品の組み合わせになるので、重要な部品の制作が遅れれば全体的な完成も遅れます。管理者がプログラマの進捗度をチェックしながら、完成を目指します。

デバッグを行ったり動作確認を行う

機械に一定の指示を行えば、その通りに行ってくれるでしょう。しかし人間がその通りにしようとしても、ちょっとしたミスが出てしまうことがあります。プログラムを作成する時には、言語の入力や設定をしたりしますが、それらでミスがあればプログラムは正常に動きません。

システム開発を依頼した時のシステム開発会社の工程ではデバッグがあります。プログラム上のミスをバグと言い、それを取るための作業になります。各担当者が小さいプログラムを作成するたびにデバッグを行いますし、さらに組み合わせた時にもデバッグを行って動作するかどうかの確認をします。

その後に行われるのがテストです。依頼主が利用するにあたって問題がないかのテストを行います。依頼主が実際に使った過去のデータなどを借りて、希望通りの結果が出るかどうかであったり、大量のデータを入力したときでも問題なく使えるかどうか、トラブルが起きた時にトラブルが発生したことをきちんと伝えるかなど一連の動作確認を行います。問題が無ければ納品となります。

 

ソフト作成の依頼をしたとき、そのソフトを形にすべくシステムエンジニアが仕様書を作成します。仕様書を元に多くのプログラマが与えられたプログラムの作成を行います。プログラムがきちんと動くかどうかテストをして、問題が無ければ納品になります。