システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発会社に依頼するまでの流れ

システム開発会社に依頼するまでの流れ

 

 

システム開発の業者に依頼するまでの流れは、3段階になります。
1段階目は、業者に対する連絡とニーズのヒアリングです。
第2段階は、その業者から見積りが提示される事になり、第3段階は契約内容に関する確認です。

 

 

開発業者に対する連絡とニーズのヒアリング

依頼するまでの流れの内の1段階目ですが、まずシステム開発を行ってくれる業者に対して、コンタクトを取ります
たいていの開発業者は、公式サイトを完備しています。
そこには問い合わせ用のフォームも設置されている事も多いですが、必要項目などを入力し、業者に情報を送信する訳です。
それと開発業者からは、連絡が来るのが一般的です。
もしくは、電話でも構いません。
開発業者によっては、問い合わせを受け付けるための電話番号も準備しています。
そこから連絡をする事もできます。
WEBでも電話でも構いませんが、何らかの方法で開発業者とコンタクトを取る訳です。
そして業者の担当者と、打ち合わせをする事になります。
ただし最初の段階では、あまり深い内容まで打ち合わせはしません。
どちらかと言えば、依頼主のニーズをヒアリングする事になります。
そもそもシステムを開発する以上は、何らかの理由がある訳です。
業務効率などの問題があって、改めてシステムを開発したい事もあります。
もしくは生産コストなどが気になって、システム開発が依頼される事もある訳です。
開発を依頼する理由は人それぞれ異なりますが、そのようなニーズの詳細を開発業者の担当者に伝達する事になります。
ですから状況に応じて、担当者から質問される事もあります。

 

システム開発の担当者からの見積り提示と提案

第2段階ですが、ヒアリングした内容に基づいた見積りの提示です。
業者がシステムを開発するにしても、やはりお金はかかります。
無料ではありません。
その料金を算出する為に、第1段階でニーズのヒアリングが行われる訳です。
ヒアリングした内容に基づいて、依頼金額が伝えられる事になります。
いわゆる見積りの提示です。
たいていのシステム開発の業者は、書類によって見積りの詳細を伝えてくれます。
いわゆる見積書が提示される訳ですが、それと同時に提案される場合があります。
例えば何か悩み事があって、システムの開発を依頼するとします。
その悩みを解決する為の具体策は、システム会社の担当者から提案される場合があります。
どのような提案が行われるかは、個々の状況によって異なります。
すなわち第1段階のヒアリング内容に応じて、開発業者からアイデアが提示される訳です。
その内容に同意できるようなら、後述の第3段階に進むことになります。
なお専門業者から見積もりが提示されるのは、即日ではありません。
ヒアリングした内容に基づいて、具体的な詳細が決まるまでは、1週間ほどかかる事が多いです。

 

契約内容の詳細提示と同意できるかどうかの確認

それで見積もりの内容に同意できるようなら、改めて担当者から契約内容が提示される事になります。
そもそも開発会社に仕事を依頼する以上は、契約を結ぶ事になる訳です。
ただし契約内容も、必ず書面で交付される事になります。
いわゆる契約書が交わされる訳です。
ですから業者への依頼を検討する側としては、契約書の内容も確認する事になります。
様々な項目があって、問題無い内容かどうかを確かめる訳です。
契約内容に同意できるようなら、改めて開発業者に依頼をする事になります。
しかし同意が難しいようなら、依頼しない選択肢もあります。
どちらにするかは、本人が決定する事になる訳です。

〇まとめ
ですからシステム開発の業者に依頼する流れは、連絡とニーズのヒアリングと、見積り内容の提示と契約内容の確認という3段階になります。
なおシステム開発の業者によって、その流れが微妙に異なる事はあります。
しかし「業者への連絡」と「内容の提示」という大まかな流れは、どの業者も共通しています。