システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発の手順書とは?

コンピュータシステムはプログラムされることによって作られます。

一から開発してもらうときには業者に対して要望を伝えると、そのシステムを作ってもらえます。

要望がシステムに変わるまでに、何段階かの順序が存在します。

 

開発に関する細かい設定や手順が分かる

コンピュータで利用するシステムは、コンピュータ上で動くようにプログラミングによって作られています。

システムそのものを見てもプログラムの状態などはわかりませんが、システムを作った人であればもちろんプログラミングの様子がわかります。

では依頼者の要望を聞いたらそのままプログラミングに移るかですが、実際にはいくつかの順序を経てからになります。

多くの場合、SEが依頼者から要望を聞き、どんな仕組みにするのかを考えます。

そしてシステムとして構築する上で必要になる設定などを決めていきます。

システム開発における手順書は、システムの細かい設定や手順などを書式化したり図面化したものになります。

それだけではプログラムは作成できませんが、さらに機能ごとに部品を決めていき、それを元にプログラマーが部品となるプログラムを作成していきます。

最終的には部品を組み合わせることで一つのシステムが完成します。

システムを作る上で最も基本的な部分になるので、経験のあるSEなどが作成することになるでしょう。

 

変更や更新をするときに必要になる

業務システムにはパッケージもあれば、自社開発などもあります。

目的に応じて使うことになりますが、使っているときに不具合が生じることがあるかもしれません。

不具合が発生する原因として、利用者が通常の使い方をしなかった時があります。

それ以外には、システム自体に何らかの問題が発生している時があります。

通常はシステムを開発する最終段階でテストを行いますが、テストでは出てこない問題が実際の業務で出てしまうときがあります。

問題はバグと言われるときがあり、開発側としては修正をする必要があります。

システム開発においては手順書が用いられますが、問題点が発生した時に見直すために必要になります。

問題が発生する時にはどこかに原因があります。

ちょっとしたシステムでも膨大な量のプログラムで作られているので、それを一つ一つ細かくチェックするのは大変です。

問題が起きそうなところをある程度予測してチェックすれば、問題解決もしやすくなります。

問題発生以外でも変更や更新が必要な時があり、その時に使われることもあります。

 

開発会社内で担当者が変わるときなどに使う

業務に用いるシステムを業者に作ってもらったとき、まずは納品時点で一定の契約が終わります。

代金を支払ってその後は使うだけです。

では関係が完全になくなるかといえばそうではありません。

将来的にトラブルなどが発生する可能性があり、その時に対応してもらう必要があります。

保証期間を設けていたり、サポート料などを支払って継続的にサポートしてもらうことがあります。

開発側としては、開発担当者がそのまま在籍していれば問題ありませんが、部署が変わったり退職などをするときがあります。

となると別の担当者がそれ以降のサポートをしなくてはいけなくなります。

システム開発における手順書は、担当者が変わるときなどに引き継ぎ資料として使われることがあります。

依頼者との打ち合わせの資料であったり、システムを構築する上での情報、その他どんな言語で開発をしていくかなど色々な情報があります。

これがあることによって、担当者が変わったとしても継続してサポートをすることができます。

利用者側も安心して使い続けることができます。

 

要望がいきなりシステムになるのではなく、SEが分析をして必要な機能などを決めていく必要があります。

その他細かい設定なども決めて各担当者に開発をしてもらいます。

将来的に変更をするときや、担当者が変わっても継続的にサポートができるための資料になります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社