システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

アプリ開発の工程とは

スマートフォンのアプリ開発を依頼する場合、システム開発会社に一任しておけば完成するものだと思われるかもしれません。

しかしながら、アプリ開発の途中で、アプリの仕様などについてシステム開発会社と打ち合わせを行う機会は多々あります。

その際、発注者側もアプリ開発の工程を大まかに理解しておくことで、より希望に忠実なアプリを完成させることができるのです。

ここでは、アプリ開発の一般的な工程をご紹介します。

アプリ開発に着手するまでの準備工程

アプリ開発にあたって、一番初めに行われるのが要件定義と呼ばれる作業です。

これは、どのような機能を持ったアプリにするのか、アプリにどのような処理をさせるのか、といった根本的な定義を決めることをいいます。

要件定義のために、発注者はアプリを導入することで実現したい目的や解決したい課題を洗い出し、システム開発会社は、発注者の要望を受けてアプリの要件を取りまとめます。

要件定義が終われば、次に行うのがアプリの設計です。

設計では、要件定義の内容をもとにして、アプリの画面表示や動作をどうするかといったより具体的な内容を、設計書に落とし込みます。

設計書ができ上がったら、アプリのユーザーインターフェースやアニメーションなどのデザインを行います。

以上の工程によって、ようやくアプリ開発に着手するための準備が整いました。

アプリの開発開始から完成までの工程

要件定義からデザインまでの工程ででき上がった設計書やデザイン画をもとに、いよいよアプリの開発を開始します。

この工程は、いわゆるプログラミングのことです。

アプリのプログラムが完成したら、当初の設計書どおりに動作するかを検証するテストを行います。

テストにあたっては、まずはシステム開発会社がテスト仕様書と呼ばれるテストすべき項目を列挙した資料を作成し、実際のデバイスを用いて動作確認を行います。

システム開発会社によるテストに問題がなければ、発注者自身でも動作確認を行う受け入れテストを行うのが一般的です。

受け入れテストの結果、アプリに希望と異なる点があれば、システム開発会社へ修正を依頼します。

修正と確認を繰り返し、最終的に問題が解消すれば、晴れてアプリの完成です。

アプリのリリースとその後の工程

完成したアプリは、アプリを配信している各ストア上に公開しなければ、多くの方にインストールしてもらうことはできません。

そこで行うのが、各アプリストアへのリリース申請です。

発注者はアプリストアに掲載する説明文などの情報を提供すれば、システム開発会社が複数のアプリストアへ同時にリリース申請を代行してくれるのが一般的です。

リリース申請後、各アプリストアの審査が行われ、無事に審査を通過すればアプリのリリースが完了します。

アプリがリリースされれば、全てのアプリ開発の工程が終了したことになります。

しかしながら、実際には開発したアプリを放置しておけば良いわけではなく、アプリを日々問題なく稼働させていく運用が必要です。

また、万が一、不具合が生じた場合には保守を行い、システムの改善を行わなければなりません。

これらの継続的なメンテナンスを発注者だけの力で行えるのであれば問題ありませんが、自社で対応できない場合には、引き続きシステム開発会社のサポートを受けることになります。

 

アプリ開発の一般的な工程は、「要件定義」「設計」「デザイン」「開発」「テスト」「受け入れテスト」「リリース申請」という7つもの段階があります。

実際のアプリ開発の現場においては、それぞれの工程で発注者は各分野のエンジニアやデザイナーと頻繁にコミュニケーションを取ることになるでしょう。

その際、的確に要望を伝えられるよう、発注者も一連の工程を頭に入れておくことが、良いアプリのリリースに繋がります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム