システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発の報酬はいつ払うの?

会社で利用するシステムの規模は様々です。

簡単なものならパッケージや自社制作などでも対応できるでしょうが、大規模なものだと専門的な開発会社に依頼しなければいけません。

依頼をしたときにいつ費用の支払いをしないといけないか知っておく必要があります。

 

完成して納品を受けた時に支払う

商品を購入してその代金を支払うとき、一般的にはその商品が手元に来た時になるでしょう。

お店などなら商品を手に取って購入できるのでその場で支払います。

ネットショップだと例外的に先に支払って入金を確認してから発送をするなどのところもあります。

個人的な取引だけでなく、一般的なビジネスにおいても基本は商品を受けた後になります。

ビジネスでは掛取引が多く、一定期間に購入したものに関して、それ以降の締め日に支払うケースが多いかもしれません。

システム開発会社を利用してシステムを利用するとき、報酬はいつ払うかですが完成して納品を受けた時になるでしょう。

少額であれば納品を確認したその場で支払うときもありますし、高額になると請求書を発行し請求書の日付に基づいて支払うこともあります。

納品にはシステムをインストールしただけの状態もあれば、一定期間稼働させて問題がないことが分かった時に納品が完了したとするときもあります。

納品のタイミングによって支払う時期がずれることがあるので、事前に話し合っておく必要があります。

 

開発の段階に応じて少しずつ支払う

建設工事などは同じものをたくさん作ることはありません。

ビルやマンション、その他に橋などがありますが、それぞれ多少内容が異なります。

また建設工事では工事期間が長くなることが多く、発注から完成まで数年かかることもあります。

一般的なビジネスだと納品を受けてその代金の支払いをするのでしょうが、それだと請け負った会社は完成するまで一切お金を受けることができません。

その間にも材料費がかかったり人件費がかかったりするので、そのためのお金が必要になります。

そこで良く行われるのが進行に応じて少しずつ代金を支払うスタイルです。

どこまで完成したらいくらや、1年後にいくらなどを事前に決めて払っていきます。

システム開発も建設工事と同様に同じものを作ることが少なく、プロジェクトによっては長期間になることが多いです。

報酬はいつ払うかに関して事前に取り決めをしておき、完成後に全額支払うのではなく少しずつ支払う方法を取ることがあります。

システムの開発は進行が第三者からはわかりにくいので、期間を決めて支払うことが多いかもしれません。

 

大きなプロジェクトだと開発前の支払いもある

会計ソフトといえば市販されているものなら数万円程度のものがあります。

その他フリーソフトであれば無料ですし、表計算ソフトで処理をすることも可能でしょう。

しかし会社によっては大規模なシステムが必要なこともあり、会計ソフトだけで数千万円から数億円かける時もあります。

元々使っていたシステムをすべて入れ替えるためのプロジェクトとなるとかなり大きなものになり、開発期間も長くなるでしょうし金額もかなり大きくなる可能性があります。

システム開発の報酬はいつ払うかですが、最終的には完成した時に全額の支払いが終わるようになっています。

ただすべてを完成時に支払うわけではありません。

大規模なプロジェクトとなると、事前の調査などを行うときがあります。

調査だけでも一定のコストがかかるときがあり、それに対して支払いが必要になるときがあります。

その時は開発自体まだ始まっていないが、調査費用として支払いが発生する可能性があります。

実際に開発を行うにしても開発をしないにしても発生する費用になります。

 

通常は完成基準、納品基準になるでしょう。

すべてが完成されて納品されたときに支払い義務が生じて支払いを行います。

ただ開発期間が長い時は、開発期間内に少しずつ分割払いするときがあります。

大規模システムなら事前の調査費用が必要な時もあります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
記事一覧