システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発を依頼した際の料金はどれぐらい?

システム開発の費用はやり方や会社によって大きく異なります。システムエンジニアのレベルにもよりますが1人が1か月働くと100万円から200万円程度の金額になると言われますが結局どれくらい働くかは作るシステム次第です。

どこの会社にでもある業務ならパッケージを使うともちろんパッケージ費用は掛かりますが開発工数を下げることができ、トータルの価格を下げることができます。

 

 

業務に合わせてシステムを作ると高くなる

システムで行う業務は人でも可能な作業です。複雑すぎる、システムの方が早いなどの要因に伴ってシステム化を依頼する方が効率化が狙える場合にターゲットを絞ってシステム開発を依頼しましょう。システム開発の料金の大半をしめるのがシステムを作るエンジニアの作業工数です。

そのため作るシステムが複雑になるほど時間がかかり金額が高くなります。レベルの高いシステムエンジニアを求めれば時間当たりの単金が高くなるのでそれも一因です。現状行っている業務や作業フローをそのままシステム化する前に業務の見直しを行ってみましょう。今はもう使わないデータを出力しているなど省略しても問題ない業務がたくさんあるはずです。不要な業務は削減し、必要な業務も集約することでシステム化する前にある程度効率化が狙えます。

その後でそれをシステム化すれば少なくとも無駄はありません。費用を司るのは、後はどこまで業務に合わせたシステムを作るかです。どうしても必要な専門業務は多少お金がかかっても作り込むべきです。多少変更しても問題ない業務であればシステム開発会社の提案に合わせて業務のやり方を変えてみると価格低減につなげられます。

安く済ませるなら業務をパッケージに合わせる

会計や給与など、どこの会社でも必要な業務は大抵パッケージが用意されています。一般的な会社で使う業務がすでに行えるようにシステムが作られているのでそれを自分の会社に当てはまるように変えるだけで済みます。価格は製品によって様々ですが料金表が企業HPに用意されていることが多いので参照してみましょう。最低限その金額が必要になります。

一番安価になるのはパッケージ費用とその設定費用だけで済む場合です。開発を行わないのでシステムエンジニアの作業工数を大幅に押さえることができます。ただしそれには業務をパッケージに合わせる必要があり大幅な業務変更になる可能性があります。

パッケージを選ぶ際に業務に近いものを選ぶのはもちろんですが日々作業をしている現場部門の協力が不可欠になります。どうしても合わない部分は自社の業務に合わせてカスタマイズをしていきます。このカスタマイズの幅が大きいとエンジニアの作業工数がかかり結局ゼロから作るのと変わらなくなってしまうので注意が必要です。

見積もりが予算を大幅に超えてしまった時の対処法

開発ベンダに見積もりを頼む際はやりたいことをすべて盛り込んだ状態で頼みましょう。何より面倒なことになるのは後から要件を追加することです。依頼する側からすれば些細なことでも開発側からすると大幅な変更になることもあり、最悪は見積もりが始めからやり直しになります。

出てきた見積もりが予算を大幅に超えてしまった時は減らせる手段をいくつかとります。まずは自社内でできることがないかです。自社の要員を使ってもお金が安くなるわけではありませんが外部の要員を頼るよりは安上がりです。特に業務をどうしたいか、どんなシステムがほしいか考える部分を外の人に任せてしまうと長い会議に付き合ってもらう分だけどんどんお金を食います。

1か月100万円で働いてくれる人でも1日拘束すれば5万円~6万円程度の費用が必要です。もし開発に知見があれば自分が作ったらどれくらいかを考えてみるのも手です。自分の見積もりと大幅に差分があるときは理由を聞いてみましょう。わからない部分のリスクが考慮されていたり、不要なサポートが含まれていることもあります。不安要素がないことを言い切れれば余裕を見ている分を削ってくれることもあります。

 

料金を知りたいのなら要件をまとめて見積もり依頼を出しましょう。要件が漠然としすぎていて見積もれないと言われるのも一つの発見です。ぴったりのパッケージがあって思いのほか簡単に構築完了してしまうこともあるでしょう。複数の開発会社と連携を取りながら予算内で納得のいく仕事をしてくれるところを探しましょう。