システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発の手法はどのようなものがある?

システム開発の手法につきましては、会社の業務システムの開発プロセスを構造化させ、計画そして制御するためのメカニズムということを指します。

こうした方法は、現在までに多種多様なものが開発されてきましたが、個々に長所と短所があり、プロジェクトのタイプや状況に合わせて望ましい手法を採用することが求められます。

ウォーターフォールモデルの特徴

ウォーターフォールモデルと言いますのは、既存の工学的な開発方法自体をシステム開発へと活用したものといえ、昔からあるいちばん知られている方法になります。

ウォーターフォールモデルにおきましては、要件定義、外部設計、そして内部設計、プログラミング、コーディングさらに評価、運用、保守というようなプロセスを上流から下流へ次から次へ実行させていきます。

プロジェクトを工程へと区分し、いくばくかの重複並びに手戻りは許容されるとは言え、基本としてそれぞれのプロセスが完結したことをもって次の工程へと進行することで、それぞれの工程の成果物のクオリティーを担保し、工程同士の後戻りを最低限に制する事ができます。

それぞれの工程が逐次実行され、前の行程に対しての戻りが多くないため、工程の進行具合が管理し易いメリットがあります。

デメリットとしましては、それぞれの工程完了をもちまして次の工程に取り掛かる事から、前の工程においてエラーが無い事を前提条件としています。

そのため、かりに上流にミスがあったり、下流へと進行するにつれてシステムが実際的に見えてきた事に因る利用者サイドからの手直し要求などに応じる事が難しいことなどがあります。

アジャイルソフトウェア開発の特徴

ウォーターフォールモデルのデメリットを解消するために開発された方式の一つが、反復型になります。

反復型からさらに考えられた方法が、アジャイルソフトウェア開発になります。

アジャイルソフトウェア開発では、対象となるシステムを機能別の小さい単位へと区分し、計画、要件定義、設計、実装、テストといったプロセスを、切り分けた単位毎に反復的に行なって、小さい機能をひとつひとつ追加していくことを通して、結果的にシステムトータルの開発を実施します。

この方法では、それぞれの反復がフィニッシュする毎に加えた機能を装備したソフトウェアをリリースします。

そして、プロジェクトにおいてのそれぞれの機能の優先度を見極めます。

アジャイルソフトウェア開発は、現実の世界からくる変更に対してスピーディーに順応できることに主眼を置き、利用者サイドからの修復要求であるとか、テクニック的な革新に応対が簡単であるというアドバンテージを持っています。

その一方、小さい反復をリピートするというゆえ、スケールの大きい開発には向いていません。

スパイラルモデルの主な特徴と利点

反復型としてトップダウン設計及びボトムアップ設計の優位性を活かしたソフトウェア開発方法として考えられた手段がスパイラルモデルになります。

スパイラルモデルについては、設計とプロトタイピングを繰り返していく方法です。

スパイラルモデルにおいては、設計の目標を決定し、スタート時の反復完了局面で利用者が進展を見極め、それぞれの反復毎に工学的分析を行ないながら目標到達へ向かって反復をリピートしていきます。

スパイラルモデルに関してはシステムのスケールや計画の予測が打ち立てやすく、進捗を管理し易い、仕様変更にも対処しやすい等の利点があります。

システムの開発をオーダーする場合、開発会社がどういった方法を取り入れるのかについてあらかじめ確認しておくことは不可欠です。

方法は、現在までに多種多様なものが考えられてきましたが、個々に強みと弱点があり、プロジェクトのタイプや目的に呼応してそのつど適切な方法を採用することが重要になります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
記事一覧