システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

スマホアプリ開発にかかる費用相場は?

企業がスマートフォンアプリ開発を発注する場合、費用がどれくらいかかるのか、企業担当者は気になるでしょう。

一般的な相場をあらかじめ理解し、種類ごとに更に費用がかかるのか、割安となるのかを把握しておくことで、予算を抑えた発注が可能となります。

種類ごとに異なるスマートフォンアプリの開発

一般的にスマートフォンアプリ開発を依頼する場合には、会社のグレードやアプリの種類によって大幅に異なります。

ゲームアプリを開発する場合には、ゲームの内容によって音楽やイラスト、プログラムなどを含めると膨大な費用がかかることも少なくありません。

ショッピングカートのようなタイプであれば、わずか10万円で開発が完了することもあるため、アプリの種類によって相場が大幅に違います。

使用するユーザーのターゲッティングをはじめ、アプリに関するあらゆることを事前に企業内で相談し、業者に発注することが望ましいでしょう。

発注前に必ず複数の企業に見積もりを依頼し、納得できる金額のところに依頼することで予算の範囲内での開発が可能となります。

 

ただし、注意する点としてあげられているのは、開発する内容によってはトータルの金額で数百万円かかる可能性があることです。

基本的なアプリ開発の相場としては、1ヶ月当たり50万円程度とされており、3ヶ月程度で開発することが多いといいます。

ユーザーの満足度が高いアプリを開発してもらうためには、3ヶ月と期限を切って依頼するべきか、期限を切らずに予算の範囲内で開発を依頼するべきか決断が必要です。

大手企業か中小企業かによって変わる

企業の規模によってアプリ開発の早さや予算への影響が変わる場合もありますが、中小企業でも低予算で満足度の高い物を作ることは可能です。

かつて企業で開発した経験のあるアプリについて、事前に調査を行い、自社の希望しているアプリ開発に期待ができそうな企業に依頼する担当者が少なくありません。

多くのアプリ製作を手がけている企業の場合は、多忙でアプリを製作するのに時間がかかる可能性も懸念されています。

製作を依頼する場合には、前もって企業として納期までに完成が可能となる企業かどうかを把握することも、重要といえるでしょう。

納期までに完成させる企業かどうかを把握し、見積もりを依頼することで、正確に比較・検討しやすくなります。

見積もりを取り寄せたら必ずわからないところを質問し、回答する早さや態度を確認することで、企業への信頼度がわかるでしょう。

大手企業の場合コンプライアンスがしっかりしているため、質問への回答は早く行われがちですが、中小企業の場合、遅くなる企業もあるため見極めが必要です。

また、見積もり以上の金額がかからないことを確認することも、企業を決める場合に大切なポイントとなるため、必ず質問をしましょう。

要件によって開発費用は大幅に異なる

スマートフォンの種類を限定するか、タブレットも対象とするのかによって、費用が大幅に異なるため、注意してください。

また、アプリのデザインは自社で行うのか、自社から既にデザイン会社に発注しているのか、アプリ開発会社に一任するのかによっても違います。

公開した後のサポートに対しては、予算の範囲内で納めるのか、あるいは別見積もりを提出してもらうのかも、社内で決めてから依頼することが重要です。

サーバーをどこにするのか、公開作業は自社で行うのか、開発業者に一任するのかも見積もりの金額に大幅な影響を与えます。

納期をいつまでにするのか、1ヵ月毎の開発費用がいくらになるのかを総合的に判断し、企業として見積もりを依頼することが望ましいでしょう。

なお、見積もりを取り寄せる会社はあまり多すぎても混乱するだけであるため、3社から5社程度に依頼をしてください。

大手企業の場合、外注する部分もありますが、開発チームに人員を避ける場合が少なくないため、安定した費用となりやすいです。

対して中小企業の場合には、より具体的な依頼主の要望を聞いてから、自社のチームを組んで見積もりを計算するため、費用にばらつきが出て来る可能性が高いでしょう。

 

企業側のニーズに合わせて必要となる予算は大幅に異なりますが、平均的には1ヶ月辺り50万円前後が開発費用としてかかります。

3ヵ月くらいをアプリの開発に当てる期間として計算する企業が多いため、150万円前後を予算と考える企業が少なくありません。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム