システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発で補助金がもらえる?

システム開発は、補助金の対象になります。

設備投資に関するメリットがありますし、金融機関による審査のハードルも下がります。

上限額はありますから、注意が必要です。

ただし事業に関する計画表の提出が必要で、それが採択されれば支給されます。

 

金融機関の融資が受けやすくなるメリット

システムの開発をするなら、お金も必要となります。

状況によっては、開発のために設備投資もする必要がありますが、予算の問題が浮上する場合もあり、上限があるなら設備投資の費用を確保するのは難しくなります。

ですが、それに対する補助制度もあります。

ものづくりを支援するために国からお金が補助され、システムの開発もものづくりの一環と見なされるので支給対象になります。

そしてお金が補助されると、融資も受けやすくなる事が多いのです。

そもそも設備投資が必要な時は、銀行からの融資が検討される場合がありますが、必要な資金が大きいと融資のハードルも高まる傾向があります。

大きなお金を借りる場合、銀行による審査は厳しくなります。

逆に少額融資なら、審査には通りやすくなる傾向があります。

それで例えば、システムの開発に必要な予算は1200万円だとした場合、もしも800万円補助されれば銀行からは400万円だけ融資を受けるということになります。

融資希望額を1200万円にするよりは、400万円の方が審査のハードルも低くなります。

ですからお金が補助されるメリットはとても大きいです。

 

補助される金額の上限とその返済

ただしお金が補助されるのは、全額ではありません。

基本的には、事業に必要なお金の65%程度が上限になります。

ですから例えば、開発のためには900万円必要な時は、その65%に相当する600万円前後が補助されるということになります。

900万円全額ではありませんから、注意を要します。

それでも融資のハードルは下がりますし、補助のメリットは大きいです。

また融資額には上限があって最大1000万円になります。

無制限に補助される訳でない点も、注意を要します。

なお、お金が補助される訳ですから返済をする必要はありません。

設備投資が必要な時は、公的機関から融資を受ける方法もありますが、それとは全く異なる制度になります。

お金を借りる訳ではないので、返済は不要です。

 

事業計画表に対する審査とその2つのポイント

ただし補助金は申込みも必要で、その際に事業計画表を提出する訳ですが、その内容も確認されます。

特に問題がなければ計画書が採択されて、お金が支給されます。

しかし何か問題があれば支給されない事もあるので注意が必要です。

いわゆる審査を受けるイメージになります。

ちなみに補助の金額が大きくなると、審査も厳しくなりますので、その点は銀行融資の審査とほぼ同様です。

ちなみに採択される確率は65%というデータもあります。

その審査には2つのポイントがあり、1つ目は経営革新と経営力向上の計画です。

どちらか1つの計画の承認を受けていると、事業計画書は採択されやすくなります。

それが承認された状態なら、事業は計画的であると判断されるからです。

2つ目は計画書を考える人物です。

社長が計画表を考えると、採択されやすくなる傾向があります。

というのも会社の事業内容を一番よく分かっているのは、社長です。

それだけに社長が計画表を考えると、その内容に深みが感じられる事も多く採択される確率も高まる傾向があります。

 

ですからシステム開発に関する費用は、必ずしも補助されるとは限りません。

支給される金額の上限もあるので、注意が必要です。

しかし開発に対する予算が補助されるメリットは、やはり大きいです。

融資を受けやすくなるメリットもありますし、設備投資のリスクも低くなります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム