システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発会社はスケジュール管理が重要

業務を行うときにシステムがあると効率的に進められます。

簡単なものだと自社で作ることもできるでしょうが、規模が大きくなると専門的な知識が必要になってきます。

専門的な知識を持った業者がどんな開発を行っているのか気になるかもしれません。

システムは一から順番に作るわけではない

会社等で業務を行うとき、コンピュータシステムを使うことがあるでしょう。

今はパソコンなどで使えるものが多く、クリックなどをすればすぐに起動します。

パスワードなどを求める画面があったり、初期設定の画面があったり色々な画面を通じて必要な処理ができるようになっています。

計算を行ったり、書類の出力をしたり、データのインポートやエクスポートなどいろいろな機能が付いているものもあります。

一応システムを使っていると順番があるので、開発自体もその順番に沿って作られていると考える人がいるかもしれません。

システムの開発においては一から順番に作るわけではなく、部品がいくつもあってそれをそれぞれで作成して最終的に組み上げていきます。

そのことからシステム開発会社はスケジュール管理が非常に重要とされています。

もし重要な動作をする部品が遅れれば当然組み合わせることができなくなります。

テストなどができないのでその分開発が遅れる可能性があります。

それぞれの部品ごとに納期を定め、それ以内に完成するよう管理しないといけません。

下請け会社がある時には調整が必要

建設会社と言いますと、一つの会社で建物を作ってしまうイメージがあるかもしれません。

大きな建物の建築現場には大企業の名前が掲げられていることもあります。

実際にはその会社以外にも多くの会社が関わっていて、名前が出ている建設会社はほとんど現場の作業は行いません。

設計や管理などの業務に従事していて、現場の仕事は下請けなどに行わせています。

建設会社と似た業務の進め方をするのがシステム開発会社になるかもしれません。

会社によっては一つの会社ですべてを作るところもありますが、大手になると会社には管理を行うSEしかいなくて、実際にプログラムを組むのは下請け会社のところもあります。

となると必要になるのがスケジュール管理になります。

自社内ですべてを行っていれば、今の状況をその都度把握できます。

しかし下請けとなるとなかなか情報が得られないときもあります。

複数の下請け会社を利用することもあり、それぞれの会社に進捗を確認しながら全体の調整をする必要があります。

変更があるときはより大変になるでしょう。

一つの会社内で複数のシステムを開発している

会社において新たなシステムが必要になったとき、その開発をしてくれる会社を探す必要があります。

大きな会社もあれば中小企業もあるでしょうし、個人で開発を行っているところもあるかもしれません。

規模の大きなシステムになるとさすがに個人で開発しているところに依頼するのは難しいでしょうから、それなりの規模の会社に依頼を行います。

すると担当のSEなどが分析などをしてくれ、希望のシステムをいつぐらいに納品できるかなどの予定を教えてくれます。

依頼側は納品を待つだけになります。

では開発会社では一つの会社の依頼のみに専念しているかですが、実際には複数の案件を掛け持ちしていることが多いです。

システム開発会社はスケジュール管理が重要とされますが、開発担当者をうまく配分する必要がある為でしょう。

システムを開発するにはSEであったりプログラマーが必要になります。

それぞれの会社の人員は限られているので、納期やシステムの難易度に合わせて配分しなければいけません。遅れているプロジェクトに余裕のあるプロジェクトから人を回すなども必要になります。

システムを起動すると機能が順番に使えるようになっていますが、開発においてはその順番に作っているわけではありません。部品ごとの管理が必要になります。下請けの管理や、自社内の複数のプロジェクトの管理も必要になります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム