システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発でのトラブルを防ぐポイントとは

よくあるような法律のトラブルは、納期遅延の様に、期限が切れたことが紛争が発生する原因になる場合が多いです。

しかしながら、システム開発のケースでは、少々事情が違ってきます。

システムの開発においてはベンダーが、仕上がり具合に関係なく納期どおりにシステムを完成させることができます。

従って、問題が生じるのは、期限が切れたことではなく、完成度がそれほど高くないとか、欲しい機能が装備されていないとか、オーダー側が要件どおりではないと訴えかける場合が多いです。

発注側と受注側の協働が重要です

元々システムの開発は、既製品で希望に合ったことができないユーザーが、ベンダーへと開発をオーダーすることでスタートを切ります。

その結果、作業に関しては自然とカスタムメイドで敢行され、中身は、ユーザーの需要を反映したものになります。

そのことが問題が生じやすい引き金になります。

開発の問題の背景には、ソフトウェア、あるいはシステムが目に見えないという特有性が影響を及ぼしています。

ひとつの例として、建造物の部屋を思い描いた場合、大勢の人は四方に壁が存在して、屋根を持っていて、ドアが備わっているというスペースをイメージするでしょう。

しかしながら、ソフトウェアにはそうした共通する捉え方がありません。

さらに、建物には、建築基準法があって、鉄骨の総数などの基準が設定されていますが、ソフトウェアにはありません。

従って、問題が出現した場合、民法並びに判例が判断の基準ということになります。

そのため重要なポイントは、ベンダー及びユーザーは協力しないといけないことです。

相互にコミュニケーションを図って成果物をつくっていくことがポイントです。

ユーザーに関してはベンダーに対して要望をしっかりと伝え、ベンダー側もできることとできないことを伝達する必要性があります。

プロジェクトマネジメント義務の履行が大切です

ベンダーのポジションで大事なことは、ユーザーのリクエストを制限なしに受け入れるのが問題ないかというとそうではないということがあげられます。

開発そのものが暗礁に乗り上げそうなケースでは、ベンダーに対してユーザーへ忠告する義務があるといえます。

これに関してはプロジェクトマネジメント義務と言われています。

コミュニケーションは、相手サイドの言われるままに従うことではなく、ユーザーのリクエストについて調査、評価に取り組むことが含まれています。

それに対してユーザーサイドも、ベンダーサイドにあいまいなリクエストを伝達するだけではサービスは供給されないと意識し、開発に協調することが重要です。

無用な紛争を回避するためには大きくない会社でもスタート時で契約書を結ぶことは重要になります。

その中で、協力義務について触れておくことが大切です。

ユーザーのリクエストを明確化することがポイント

様々なトラブル予防としてベンダーに大事なことは、ユーザーのリクエストをまず第一に固定することです。

ユーザーのフラストレーションが解決するまでリクエストを聞き続けて、修正のための必要な作業をリピートするのはメンタル的につらいものがあります。

何回も完成品を出して戻されるのでは、いつまでたっても前方に進行しません。

勤務の時間を短縮する為にも、ユーザーに対してのコミュニケーションは、それに見合ったスキルが備わっている人材を割りあてるなど、会社組織としてのリソースを割くことが重要になります。

認識の不一致を回避するために、ミーティングの中身を要約したEメールを発信しておくことは効果があります。

裁判に於いての証拠にもつながります。

システム開発に関しては、さまざまなトラブルを起こしやすい契約類型といえます。

損害賠償額も大きくなることが珍しくありません。開発においては、可能な限り紛争とならないようにすることが必要です。

そのためには、協働作業を意識しマネジメント義務を意識し、案件の明確化が重要なポイントになります。

サイト内検索
東京のシステム開発会社ランキング
第2位 CLINKS株式会社
システム開発関連コラム