システム開発会社選びに悩んだらここ!おすすめ業者を徹底比較ランキングで紹介!【東京編】

システム開発を依頼をしたときに発生してしまうトラブル

自社内に必要なシステムを開発する能力がない時、開発を専門的に行う会社に依頼する必要があります。

自社内で行えば希望通りにできるでしょうが、外部に依頼をするがゆえに問題が起きることがあります。

事前に起こりそうな問題を確認しておきましょう。

依頼側の要望がうまく伝わらない可能性

会社等の業務を行うとき、今はパソコンを使う機会が増えています。

業務に合わせたパッケージソフトがあるので、会計や給与などのソフトはそれらを購入して処理することもあります。

ただパッケージソフトは自社の業務に完全に一致しているわけではなく、業務の全てをそのシステムだけで行えないときもあります。

その時にはシステム開発会社に依頼をして、自社に合うシステムを開発してもらうことがあります。

その時に発生してしまいがちなトラブルとして、依頼側の要望がうまく伝わらない可能性があるでしょう。

開発会社はシステム開発の技術はありますが、必ずしも希望する業務に精通しているとは限りません。

依頼する側は当たり前に理解しているとして伝えなかったことが、受託側で認識できないために取り入れられないなどがあります。

それを防ぐには、依頼内容に強い開発会社を選択することでしょう。

その業務などに精通する会社であれば、単に技術力があるだけでなく依頼側の要望も汲み取った仕様設計をしてくれ、要望に近いシステムの開発が可能になります。

希望の納期までに作ってもらえるかどうか

各会社ではコストをかけて会社に必要なものを購入し、それをビジネスに使います。

購入したものがすぐに使えれば、業務効率アップに貢献したりしてコスト分の回収ができます。

しかし支払いはしているのになかなか使えない状態が続くと、業務に使えないので業務効率を上げることはできません。

業務を改善するためにシステム開発会社に依頼をすることがありますが、そのときに発生してしまうトラブルとして納期の問題があります。

依頼側はどんな内容のシステムをいつまでに作ってもらいたいとの希望を伝えます。

しかし受託会社の技術が低かったり人員が少ないと開発期間が長くなってしまい、希望の納期に納められないと言われるときがあります。

この状態を防ぐには、システムの規模に応じた開発会社に依頼することが挙げられます。

大規模なものなら技術も人員も豊富なところに依頼をすれば、納期通りに作ってもらえるでしょう。

ただし、その分コストがかかる可能性はあります。

規模が小さい会社だとコストは安めになりますが、納期が変動的になる可能性があります。

製作物に関する権利がどちらにあるか

業務で利用するパッケージソフトの著作権は、当然ながら開発会社などが保有していますので、それを無視して勝手に販売などをしてはいけません。

ではシステム開発会社に依頼をしたときに作ってもらったシステムの著作権はどうなっているでしょうか。

これはよく発生してしまうトラブルなので事前の契約の段階できちんと話し合っておく必要があるでしょう。

通常著作権はパッケージソフト同様に実際に開発を行った会社にあります。

ただ会社によっては開発をしてもらったシステムを販売したり改良したりしたいときがあるかもしれません。

その時は、納品の際にそれ以降の著作権を依頼側に移してもらうようにします。

外注会社が多く入るシステム開発などでは依頼会社が著作権を持つケースは多いものの、契約の仕方などをわかっていないと後で問題が発生する可能性があります。

まずは開発会社としっかり話し合いをするようにしましょう。

それ以外には、法律事務所などに相談をするとよいかもしれません。

適切な契約方法などをアドバイスしてもらえます。